こんにちは、有希子です。

今回のテーマは

学資保険に入るのは、シングルマザーになってからでも遅くない⁈私がなぜ学資保険をかけたのか…です。

子どもがいると必ず考えてしまうのが、将来のこと。
子どもが産まれてすぐに入る人もいれば、少し経ってから入る人もいますよね。

しかも、学資保険に入ってなくて、シングルマザーで貯金があまりなければ、余計にも子どもの将来が不安で仕方ない…

•子どもに不自由なく学校に行かせてさせてあげたい

•『お金がない』で進学を諦めさせたくない(諦めたくない)

•どの学資保険に入ったらいいか分からない

といろいろ悩みはありますよね?

私もその1人で、いろいろ悩み、考えました。

そこで、
•シングルマザーで必ず学資保険に入った方がいい?

•私が選んだ学資保険は?

を紹介します!

シングルマザーで必ず学資保険に入った方がいい?

それは、『余裕あるなら入ったほうがいい』です。

と言っても、なかなか余裕がないのが現実。

貯蓄できればいいけど、急な出費の時にちょこちょこ出したりしてると貯まるにたまらない…

そうならないように、学資保険に入っておくことで貯蓄にもなるし、入学などで出費が出る時のためにもなります。

私の場合、子どもの将来のために貯蓄しておきたい。

けど、手元にあると使ってしまったりするかもしれない。
っていう不安がありました。

もともと離婚前から学資保険に入りたいとは思ってたけど、なかなか踏ん切りつかなくてズルズルしてました。

貯金も子ども用によけているけど、あるものと思って足りない時にちょっとずつ出したりしてたから思うようにたまらないので、離婚を機に学資保険に入ろうと決心しました。

私が選んだ学資保険は?

私が選んだ学資保険は、『ニッセイ学資保険』です。

ゆうちょやJAの学資保険など色々悩みました。

元々生命保険に入っててお世話になってたニッセイの人に学資保険のことを聞いたのをがキッカケでした。

私が入ってる学資保険の内容は、こども祝金あり型というプラン。

払込期間は子どもが16歳までで、小・中・高の入学時期にはこども祝金が出るし、その後も21歳まで毎年学資年金が出ます。

大体の方へ、毎月1万円以上積立てたらいいかなと考えてるんじゃないかと思うけど、そんな無理はいらないです。

私の場合、そんなに多い金額を積立するのができないなって思ってていろいろ聞いた時にニッセイの人にも聞いてみました。

そしたら他のところより利率が良い、他のところにも聞いてたけど、年度が変わってしまうと利率が下がってしまうから進学の際に困らない金額でお願いしました。

注意しておかないといけないのは、

・もし学資保険に入るか検討している時がまだ誕生日来ていない場合は、誕生日前に入っていた方が少し安い。

・年度が変わると利率が変わるので、なるべく年度前に入る。

まとめ

•シングルマザーに学資保険が必要かしいて言えば、無理して入ることない!

•学資保険に入るなら無理なく継続できる金額で!

•いろいろなところで見積もってもらい、自分に合った会社、内容で!

•年度が変わる前、契約者の誕生日前などタイミングは必要

シングルマザーになれば、これから必要になるお金がたくさんありすぎて人1倍大変になります。

だからといって生活がキツいのに無理して入っては意味がありません。

余裕が少しでもあるなら、入ってて損はありません。

子どものために貯めておいて、そうでなければ自分の老後のために貯めておくって考えでもいいかもですね!