40歳代のシングルマザーで、「職場の環境が悪く転職がしたい!」と悩んでいませんか?

  • 子育てを一人でやっていけるだけの収入は確保したい
  • 職場の環境が悪いため出来たら転職したい
  • 次の職がすぐに見つかるか不安

転職して、いい職場環境のなかでしっかり収入も得て子供を育てて行きたいですよね!

そんな時は「両方の職場のメリットデメリットを整理すること」が大切です。

今回は、転職する前に「どんなメリットデメリットを考えるべきか」を具体的に紹介します。

現在の会社に残ることのメリットとデメリットを考えよう

まずは現在の職場のメリットを考えます。

転職しないメリットは、職場の現状がしっかり見てわかっているということです。

  • 年収
  • 職場内の人間関係
  • 仕事の内容

慣れているからこそ知っている事、やりやすい事ってありますよね。

 

デメリットとして挙げられるのは、

  • 職場の人間関係の悪さ
  • 長年勤めているからこその居心地の悪さ

どうしても合わない人だったり、パワハラまがいの上司など

これらは本当に解消される可能性はないのか?

例えば、人事異動や配置換えのタイミングなど冷静になってもう一度考えてみましょう。

スポンサーリンク

転職する際のメリットとデメリットを考えよう

転職するメリットとしては、可能性がたくさん広がっていることですね。

業務内容や働き方が変わることに新しい自分の可能性に気づけたり、今まで知らなかった世界が広がる可能性があります。

 

デメリットは、

  • 年収のダウンが予想される
  • 職場環境や人間関係は入ってみないとわからない

年収のダウンに関しては、あくまで入社初年度の数字であることが多いです。

なので数年後や生涯年収のことまでしっかりと見通して考えてみてください。

自分よりも若いけれど、経験値のある人がいる可能性があります。

そのような環境でも働くことにストレスを感じないかも重要になります。

自分の今の現状をよく見つめなおそう

転職する際には今持っている自分のスキルが武器になります。

  • 保有資格
  • 今までの職場での実績

など、他者に伝えられるものがどれだけあるか。

それがどれだけ自分を守ってくれるのかも、しっかり検討したうえで、

  • 次の職場を探すか
  • もう少し残って自分に付加価値をつけるのか

を考えましょう。

 

どの職場でも人間関係のストレスは大なり小なりあるということを忘れずに

職場を変えても、

  • 自分に合わないなと思う人
  • 重鎮のように居座っている上司

がいる可能性が高いです。

そのような人がいたとしても続けられるか?

特に3,4度目の転職となるとリスクも上がります。

それだけ覚悟ができる業務内容であるかをよく考えてみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

転職はチャンスでもあり、リスクでもあります。

より良い仕事に就くには、1度冷静に問題点を整理してみましょう。

そうすれば、今よりも生き生きと働けるかもしれません。

スポンサーリンク