「夫と離婚したいが発達障害の子供がいるシングルマザーが一人で生活をしていけるか不安」と悩んでいませんか?

  • どんな仕事をするのがいいのかわからない
  • 子供との過ごす時間が減ってしまってさらに発達が遅れたらどうしよう
  • 自分の精神状態が保てるか心配

子供と過ごす時間も持ちながら自立して生活がしたいって思いますよね。

そんな悩みを解決する3つのポイントを紹介します。

シングルマザーを歓迎している会社を知ろう

「特定求職者雇用開発助成金」というシングルマザーを雇用する企業に国から助成金が支払われる制度があります。

またそのような会社をまとめているサイトもあるんです。

タウンワークのような求職サイトにも企業のメッセージのところに「シングルマザーさんも活躍中!」と書かれている会社も!

配慮が受けられることを事前に知ることができる場所は実はたくさんあるんですね!

そのようなシングルマザーに理解のある会社を選ぶ事が、長く安定して働ける1つ目のポイントになります。

スポンサーリンク

療育施設を活用しよう

「子供と過ごす時間が減ったら発達が遅れる」ということが心配になると思います。

ですが決してそんなことありません。

しかし、家で発達をサポートをするには、専門的な知識がないお母さんにはやっぱり難しいことは事実です。

世の中にはたくさん療育施設があります。

児童発達支援法にのっとって運営されており、なかにも音楽療法や運動療法を取り入れている場所もあります。

また幼稚園までの送り迎えのサービスをしている施設もあるので、送り迎えが難しいシングルマザーさんでも気軽に利用できるんですよ!

 

自分のメンタルケア方法について知ろう

一人で困難を抱えることは大変です。

また、お仕事もされる中でなかなかカウンセリングなんて受ける時間がないですよね。

でも大丈夫です。

スカイプなどのネット通信で遠隔にいるカウンセラーにカウンセリングを受けられるサービスがいくつもあります。

隙間時間で自分のケアもしっかり行いましょう。

1人で抱え込むのはよくありません。

##大事なのは完璧を追い求めすぎないこと

家事も育児も仕事も自分で抱え込もうとしている方は少なくないです。

頑張りすぎないでください。

「今日は仕事はうまくいかなかったけど、帰ってきて家事をこんなに出来た」

「子供とはあまり話す時間を取れなかったけど、療育先でこんなことができるようになったことを聞けた」

など喜びを見つける習慣を作ってくださいね。

悪い事ばかりに目を向けてしまっては嫌になってしまうもの。

小さな幸せを喜ぶ日々にしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

発達障害児を抱えたシングルマザーは生活するだけでも大変ですよね。

でも嬉しい事、楽しい事もあるはず。

利用できる施設などを活用して、少しでも助けてもらう事は悪い事ではありません。

1度、肩の力を抜いてください。

スポンサーリンク