シングルマザーさん、「子供が病気の時にどうするかと面接で聞かれたら何と答えたらいいのかな?」と悩んでいませんか?

  • 子供優先と答えて落とされたらどうしよう
  • 仕事優先と答えてしまっていざそうなったときに迎えにいけなかったらどうしよう
  • 子供優先にして職場の人との関係性が悪くなったらどうしよう

って不安になる方も多いと思います。

仕事をしても、子供との時間を失いたくはないですよね。

今回は、
適切な職場選びと、面接での受け答えの注意ポイントを紹介します。

 

シングルマザーに配慮のある職場かどうかを調べよう

急な事柄で早退する可能性があるのは別にシングルマザーだけではありません。

ですので、早退や希望休、そもそも多様性に対して理解のある職場かどうかを調べるとわかることもあります。

事前にわかる情報として

「女性の割合」
「障碍者雇用率」

などを事前に調べておくのが必須です。

また、面接の中で聞き取れる情報として「子育てをしている女性の数」などが参考になります。

その他にも小さな子供を持つ女性が多いかも知る事が出来ればいいですね。

多ければ、理解のある会社だと予想されます。

病児保育などの制度を知っておこう

家事も育児も仕事もすべてを完璧に行うことはむずかしいこともあります。

また、お子様の病気も一日で治ればいいですが、2~3日長引くこともありますよね。

そんな時は病児保育を利用できることを覚えておいてください。

NPOがおこなっているものもあれば、クリニックが行っているものもあります。

お住まいの県の施設や制度を一度調べてみて下さい。

利用できる施設や制度はフル活用しましょう。

スポンサーリンク

真摯な姿勢で職場側と交渉しよう

とはいえ、やはりお子様の状態に合わせてお休みも必要になることはあります。

大切なことは自分のスタンスや気持ちを真摯に伝えて雇用者側に納得してもらったうえで契約を結ぶということ。

隠して就職することは簡単ですが、双方にとって幸せな未来は見えません。

その中で、今働かれている方々がどうされているか具体例を教えてもらうとお互いの納得値が高い状態での契約になります。

 

離職率が高い職場は要注意

離職率が高いということは、いざ働いてみると「思っていたことと違う」というギャップの大きい会社であることが多いです。

そこで耐えきれずにやめている可能性が高いです。

自分が「こういう風に働きたい」ということが明確であればあるほど、そのような会社は避けておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

理解のある会社を探す事
利用できる施設や制度をフル活用
真摯な気持ちで会社と向き合う

この3つがポイントになります。

長く働く為には、無理をしてはいけません。

だけど、最低限出来る努力を怠っていては理解のある人達でさえ手を貸してはくれません。

しっかりと向き合って、自分に合った会社で正直に働きましょう。

スポンサーリンク