はじめまして、月虹です!

今回のテーマは、

「40代での仕事の掛け持ちはヘトヘト状態!若いうちにどうにかした方がいい!」

です。

  • シングルマザーで仕事掛け持ちを考えている方
  • 大体どれくらいの収入を得ているのか知りたい方

って方必見です。

私は、中学生の子供を持つ40代のシングルマザーです。

10年ほど前に主人と別れ子供と生活して、仕事を3つ掛け持ちしています。

仕事の掛け持ちの大変さや、歳を取った時のことを考えれば、掛け持ちはやめた方がいい理由を皆様にお伝えしていこうと思います!

掛け持ちの収入額

3つの掛け持ちの収入額は、

アルバイトの収入が6万円、

副業での収入は4万円です。

掛け持ちを3つしても収入の合計額は10万円にしかならず…。

そして、

元夫からの養育費5万円を足して

毎月15万円の収入しかありません。

足りない分は申し訳ないですが、親に頼ったりしています。

子供は高校受験を控えていてこの先、専門学校や大学にも進学するかもしれないので、お金はいくらあっても困らないというのが本音です。

 

3つの仕事の内容

メインの仕事が接客業のアルバイト、

あとの2つは今年から始めた在宅での仕事です。

週に2〜3回のペースでバイトをして、あとの2つは空いた時間に働いています。

親に頼ってばかりいられないのですが、自分の収入の15万だけではとてもじゃないけどやってけないです。

本当に頭を下げて、親にお金の相談をしています。

スポンサーリンク

40代の仕事の掛け持ちは辛すぎるからやめた方がいい理由

40代の仕事の掛け持ちが辛すぎる理由は、

体力の問題や女性特有の更年期が始まるからです。

若い時には仕事の掛け持ちも平気でしていましたが、やはりこの歳になるとかなりツライ…。

 

何年か働いているバイト先では、

「掛け持ちも良いけど、仕事をおろそかにしないでね!」

と釘を刺されています。当たり前ですよね。

とてもお世話になっているアルバイト先なので、そこら辺は注意しながら副業をこなしています。

 

そして私は最近、

更年期の症状が深刻でホットフラッシュなどが頻繁に起きます。

汗だくで仕事していて、フラフラになることも…。

働く気があっても、体がついてこないんです!

 

体力的なことを考えれば、経済的には厳しいけれど、アルバイトの掛け持ちより在宅での仕事がベスト!

自分に負荷が掛かっているのは実感しつつも、仕事をしなければ子供の将来の学費も無くなってしまうので、本当に必死で働かなくてはいけません。

子供のための貯金や、たまに外食するときの費用も考えてやり繰りしています。

 

そして、主人からの養育費は子供が大人になったらSTOPしてしまうんです。

それを考えても、自分がしっかりしないといけません。

もっと稼ぐために、努力しなきゃ。(体力的にも身体的にもツライけど)

どこの親もそうですが、子供の幸せを切に願っています。

40代での掛け持ちを避ける方法

ずばり、正社員になることです。

正社員だったら、安定した収入が得られ、福利厚生も豊かで退職金や雇用保険にも加入できます。

アルバイトやパートを掛け持ちするのは、その場しのぎにしかなりません。

若いうちはなんとかなるでしょう!

でも歳を重ねるにつれて辛くなってきます。

有給休暇、退職金、厚生年金、など正社員にはメリットがいっぱいです。

 

「正社員なんてムリ!」なんて諦めずにチャレンジ!!!

スキルを身につけ、なおかつ資格があれば、正社員雇用の道も大きく開けるはずです。

私は、これと言った実用的な資格もありません。

使える資格やスキルがあればまた違っていたかなと思いますが、後悔先に立たず…。

歳を取ってから苦労しないために、若い時から、計画性を持った生活を送ることの大切さに改めて気づかされました。

 

スポンサーリンク

まとめ

・歳を取ってから、仕事を掛け持ちするのはとても大変!!

・資格は実用的なものを取得して、目指せ!正社員!!

・若い時に人生設計をきちんとたてよう!後悔先に立たず!結果はあとから必ずついてくる!

シングルマザーのみなさん、子供のためにも自分のためにも楽になる方法を早めに考えましょう。

スポンサーリンク