こんにちは!!月虹です!

今回のテーマは、

「生活費のやりくりってホント大変!家計は毎月足りない。その乗り切り方」です。

シングルマザーの皆さん、毎月の生活費は足りていますか?

私はお恥ずかしながら、ほとんど生活費が足りていません!

  • 毎月、生活費が足りない
  • 乗り切り方を知りたい

という方に、私の生活費が足りない時の乗り切り方を紹介します。

 足りない生活費を補える国や自治体からの支援

母子家庭・父子家庭向けの公的な制度である、

「児童扶養手当」をはちゃんと受給していますか?

私は中学生の子供が1人いるのですが、自治体からの支援の1つである就学援助費を貰っています。

これは、学用品費などに充てるために1年に3回程まとめて支給されるものです。

私の住んでいる所では、小学校から貰えます。とっても助かっていますよ。

スポンサーリンク

どうしても生活費が足りない時は?

「今月はかなり生活費が足りない!」

結構、そういうことありますよね?そんな時、簡単にサラ金からお金を借りたりすると後で、支払いに困ることもあります。

ここは思い切って、

両親や親戚に相談してみましょう!

私は生活費が足りない状況を、親や親戚に相談して乗り切ったことが何回もあります。

お金を貸してもらう事だけが、援助ではありません。

親と一緒に住んだり、家庭菜園が好きな親戚には野菜をもらったり、仕事先を紹介してもらったり。

周りの人を頼るのは、決して恥ずかしいことじゃないです!

いざという時頼れるのは、やっぱり身内ですよ!

でもその分、責任と誠意を持って力を借りましょう。

シングルマザーで生活費が足りなくても貯金できるの⁉︎

月に15万ほどの収入しかありませんので、貯金はあまり出来ていません。

私は本当にまずいと思っているのですが、親が一定額を毎月、貯金してくれています。

本当に、親に感謝です!!

更年期で体調を崩しがちなので、外での仕事を増やす事が出来ないんです。

若いシングルマザーさんや健康なシングルマザーさんなら、大変だけれど仕事を増やしてみたり、日払いのバイトもオススメ!

高単価のものもありますよ。

私は在宅での副業をふたつ、空いた時間に自分の得意分野の作業や簡単なアンケートでコツコツと収入を増やしています。

はじめから単価の高い仕事は出来ません。

難易度が低い案件から始めてスキルを磨いていくと、本業を超える収入になります。

親にいつまでも頼る訳にはいかないし、

最近では少し貯金に充てることもできていますよ!!

足りない生活費の節約方法

毎月、身内に助けてもらうのも辛いものです。そこで我が家の節約方法を紹介します。

通信費

まず、通信費がバカになりません。

スマホや携帯は今や必需品ですよね?

その通信費を浮かせるには、格安携帯会社に変更するのがおすすめです。

  • 楽天モバイル
  • マイネオ
  • UQモバイル
  • LINEモバイル
  • FREETEL

など様々な格安スマホがあります。

食費削減のコツは

私は、自分の食費を節約しています。

家にいるときは自分だけの食事は、1日300円以内に抑えています。

手作りでなおかつ簡単に食べられる物を、自分なりに工夫して料理しています。

食費を節約するとフラフラになると思うかもしれませんが、タンパク質をしっかり食べるのがコツ!

タンパク質は、肉や魚だけでなく大豆製品にも含まれています。

肉や魚は高いかもしれませんが、大豆製品である納豆や豆腐、きな粉、高野豆腐などは安いので上手に献立に入れましょう。

子供の食費はというと、2万円くらいです。

息子は有難いことにお菓子をほとんど食べないので、2人で約32,000円くらいです。外食などが重なれば、4万円くらいなってしまいますが…。

賃貸でも可!電力会社の乗り換え

電力自由化になり、電力会社が自由に選べるようになりました。

そこで、お得なプランを売りにしている会社がいっぱいありますよね!

ご家庭にあったプランを選んで、電力会社を乗り換えると電気代の節約になります。

「それは、持ち家の人だけでしょ?うちは賃貸だし。」と思っているあなた!

実は、賃貸でも電力会社を変えることができるんですよ!

しかも原則、大きな工事も大家さんに連絡しなくても大丈夫。

賃貸でも諦めずに安い電力会社を探してみましょう!

家賃は1番節約するところ

生活費の中で家賃は、かなり大きい支出ですよね!

そこで、私は公営住宅をおすすめします。

以前、都営に住んでいた時は都心に近い場所でも家賃は3万円くらい位でした。

家賃で悩んでいる場合は、自治体に問い合わせてください!

母子家庭であること、毎月生活費が足りないこと、などを考慮して貰える場合があります。

スポンサーリンク

 まとめ

①生活費に困った時には自治体や頼れる味方に相談してみて!!

②出来る人は頑張って少し、本職の他に副業などで収入増を目指そう!

③節約できるところから、がんばろう!節約は1日にしてならず!積み重ねが大事!

我が家もまだまだ節約が必要ですが、みなさんもおこさんと一緒に頑張って乗り切りましょう!!

スポンサーリンク