こんにちは、あこです。

 

離婚後のシングルマザーがもらえる手当と、確認しておきたい援助について紹介します。

  • シングルマザーになると手当があるって聞くけど、どんなものがある?
  • どんな援助をしてもらえるの?
  • 私の地域では支援してもらえるのかな?

という方必見です。

 

離婚をしてから生活が安定するまで時間がかかりますよね。

私は毎月安定した収入が入るまで、3か月程かかりました。それでもまだまだ収入は少ないし…

 

そこでシングルマザーがもらえる手当と援助を紹介します。

 

もらえる手当は何がある?

  • 児童手当

これはシングルマザーに限らず、子供を持つ世帯はもらえる手当ですよね。

 

それとは別に、

 

  • 児童扶養手当

というものがあるんです。

どういうものかというと、

ひとり親の世帯で、扶養している子供の人数や所得に応じて支給額は変わりますが、

ひと月に42,290~9,980円が支給されるというものです。

 

そして4月、8月、12月の年3回に分けて、4ヵ月分が支給される仕組みになっています。

 

所得が低いシングルマザーにとっては、嬉しい手当ですよね。

私自身、所得が低いのでとても助けられています。

 

出来れば手当をもらわずに収入を増やして、自分の収入だけで生活していきたいですよね?

しかし離婚をして早々に、子供を育てながら高収入を得るのは簡単なことじゃありません。

 

そこでこの「児童扶養手当」があるんです!

生活の安定と自立を助けるという支援なんです。

 

今後の生活のために、うまく活用していきましょう!

 

スポンサーリンク

みんなが手当を支給されるの?

シングルマザーが全員支給されるものでないんです。

手当が支給されるかどうかは、

前年の所得額で審査されます。

ちなみに所得とは、「年収から必要経費(控除など)を引いた金額のこと」をいいますよ。

 

例えば子供1人の場合だと、所得額が230ふ万円を超えると支給されなくなります。それより低いと所得額によりますが、満額から一部を支給されます。

 

ちなみに私は去年の所得額が146万円で、ひと月に25,660円を支給してもらっています。

 

また、

  • 離婚後に実家に戻る。
  • アパートを借りて恋人と一緒に住む。

という方は支給の対象から外れる可能性が高いんです!

 

「いやいや、世帯と生計が別だからね!」といっても同じ屋根の下で一緒に暮らしている場合、一緒に住んでいる人の所得額も審査の対象にされちゃうんです。

 

だからといって、無理矢理「手当が欲しいから、自分と子供だけで暮らす!」なんて考えちゃダメですよ。

子供を見てもらえる人がいる分、働きにも出られますしね。

そしたら高収入も目指せるじゃないですか!

 

ずっと援助を受けられるわけではないんです。収入アップを目指して、将来に備えましょう!

 

他にも何か援助はあるの?

「児童扶養手当」以外にもシングルマザーにはいくつかの援助があります。しかし、地域によって何を援助してくれるかは様々なんです。

 

例えば、

  • ひとり親医療費助成制度(全額免除、又は一部免除)
  • 保育料の免除や減額
  • 住宅手当(一部免除)
  • 水道代、交通費の援助(一部免除)

などがあります。

 

これが地域によって援助がないものや、免除額が違うものもあります。他にも違うものがあるかもしれません。

ぜひご自分の地域で確認してくださいね!

 

そして確認もせずに勘違いをしないように!

「こんなに援助があるんだなぁ。助かる!」と思い込んでいても、

自分の地域では「その援助はありません。」と言われることがありますよ!

 

お恥ずかしい話、実際に私がそうだったんです。自分の勘違いのお陰で、離婚後の生活費を1から見直すことになっちゃいました。

 

ちなみに私の地域では

  • ひとり親医療費助成制度
  • 保育料の免除や減額
  • 子供が高校生になった時に交通費の一部を免除

の援助があります。

 

いろんな地域があれば、その分いろんな支援がありますよね。

必ずご自分の地域では何があるのか、確認を忘れずに!

 

スポンサーリンク

まとめ

  • 児童扶養手当
  • ひとり親医療費助成制度
  • 保育料の免除や減額
  • 住宅手当
  • 水道代、交通費の援助

などの手当と援助があります。

所得額や条件、地域によって違うものもありますので、必ずご自分の地域で確認して下さいね!

 

シングルマザーになっても満足な収入が得られないかもしれませんよね。子供も小さいとなおさらです。

そこで手当や援助の助けを借りて、仕事と子育てと頑張っていきましょう!

スポンサーリンク