こんにちは、有希子です。

今回のテーマは

絵本の読み聞かせ効果で子育てに役立つ!シングルマザーの私が選んだ絵本です。

子供が出来たら思うことは、
子供に絵本を読んであげたいって思いますよね。でも、いざ本屋さんに行っても、

  • 子供に読み聞かせしたいけど、どんな絵本がいいのかわからない
  • 子供に絵本を読んであげながらママも癒されたい

って思いますよね。

私も子供に絵本を読んであげたい。
いろんな言葉を覚えて欲しい!と思ったり知人から絵本を読んであげると子供の成長に言いよっと聞いて読み聞かせています。

絵本を通じて子供とのコミニュケーションを図ることができます。

そして、子育てに対する絵本の効果は世界でも注目されています。

そこで、

  • 絵本が与える効果
  • 読み聞かせにおすすめの絵本

をご紹介します!

絵本が与える効果

絵本には子供にとって良い効果がたくさんあります。

ここではいくつか紹介します。

⑴言語能力、学習能力に効果

絵本には、たくさんの絵と言葉があるのでわかりやすく、視覚を利用しながら言葉を教えることができます。

しかも、絵本には子供たちの心に響く言葉が選ばれているので、スっと入ってきやすく言葉に興味を持ってくれます。

⑵脳の発達と情操教育に効果

今じゃテレビやスマホなどのツールがありますが、絵本が1番脳と心の発達にいいことが、あらゆる研究で立証されています。

テレビ等を見ている時に比べて、絵本を読んでもらっている間、子供の脳は活発に動いています。

言葉の意味がわからない小さな子供でも、楽しい場面はニコニコし、泣いている絵を見ると泣きそうな顔をします。

喜怒哀楽を自分なりに理解し、絵本を読んであげることで子供の心を豊かにします。

⑶親子のコミニュケーションに効果

読み聞かせの時間は親と子が寄り添って向き合える時間です。

子供が大人になってからもその大切な時間はいつまでも記憶に残っていて、同じように子供に読み聞かせしてあげるきっかけにもなります。

 

私の場合、絵本を持っていても私自身が本をあまり読むのが好きじゃなかったので読み聞かせをしていませんでした。

でも子供がいろんな言葉を喋りだしたり興味を持ち出した今、家にあるお気に入りの絵本を読んであげることで、大人も子供に癒され、子供は言葉を覚えて、1日の終わりに最高のコミニュケーションが取れています。

そして、絵本の読み聞かせをしてからすんなり寝てくれるようにもなりました。

スポンサーリンク

読み聞かせにオススメの絵本

⑴きんぎょが にげた 対象年齢1~2歳

表紙に描かれているきんぎょがいろんな場所に隠れていた、カラフルな絵本なので楽しい気持ちになりながら読み聞かせできます。

私はこの絵本と出会ったのが小児科で、子供が持ってきて色んなところに隠れてるきんぎょを探すのが楽しいみたいです。

「きんぎょどこー?」と聞くと「ここっ!」っとニコニコしていたので速攻買って家でも子供と楽しく読んでます。

⑵いない いない ばぁ 対象年齢0歳~

「いない いない ばぁ」は、日本でいちばん読まれている絵本としてメディアでも取り上げられてます。

赤ちゃんとどんな感じでコミニュケーションをとればいいんだろって思ってる人におすすめ!

「いない いない ばぁ」と一緒に楽しむことで、大人も子供も笑顔になり心の交流を通じて親子の信頼を深めるきっかけになります。

私もどの絵本がいいか悩んでいる時に、小児科でもらったのがこの絵本でした。
今でも時々読み聞かけていますが、私も子供も楽しく読んでます。

⑶だるまさんが 対象年齢0~6歳


この絵本は、読み手次第で大爆笑が起きる1冊です。

内容も、絵もシンプルなのに子どもの心を鷲掴みします。
この絵本は私の子供も大好きな絵本の1冊です。

「だ・る・ま・さ・んがー」って読んであげることでとキャッキャッ言いながら子供も「だるまさんがー」って言って親子で楽しんでます。

⑷おかあさんだいすきだよ 対象年齢2~6歳

子育てしていると、つい子供を叱りすぎたと後悔し、子供が寝ている時に「ごめんね」って謝りながら頭をなでた経験はありませんか?

私も子供を叱りすぎて涙が溜まった状態で寝てる子供を見ると悪いことしたなって後悔します。

 

この絵本は、日々忙しいおかあさんと幼稚園ぐらいの男の子との親子の日常が描かれていて、
子供が本当にして欲しい気持ちがこの本には書いてあります。

言われてみたら、そうだよねって思うけど普段なかなか振り替えれない。イライラしてしまった時に読むとやさしい気持ちになるので、

「子育て奮闘中のママさん」に読んで欲しいです。

スポンサーリンク

まとめ

  • 絵本は世界でも注目されている教材の1つ
  • 絵本は子供の育てる
  • 読み聞かせは親子のコミニュケーションが取りやすくなる

子供は多くの言葉を覚えるプロフェッショナルと言う内容をネットで目にして「確かにそうだな」と感じてます。

私は子供が好きな絵本を読んであげることで、とても楽しそうに聞いたり、一緒に読んで楽しんだりしている姿に癒しを感じます。

子供の成長や笑顔は、日々忙しく疲れているシングルマザーの癒しでもあり活力にもなります。

今まで絵本と縁がなかった人も気になった絵本があったら手に取って子供一緒に楽しみながら読み聞かせしていきましょう!!

スポンサーリンク