こんにちは、有希子です。

今回のテーマは

シングルマザーになるのに勇気がいる?私はシングルマザーになっても頑張ってるよ!

です。

子供がいる家庭でシングルマザーになろうと決意しても…

  • 経済的に不安
  • 片親で子供がまともに育たないんじゃないか
  • 苦労しても父親がいたほうが子どものためになるんじゃないか

と思いますよね?

そこで、

  • シングルマザーにはいろんな手当があるから大丈夫
  • 父親が居なくても子供は育つから大丈夫

を紹介します!

シングルマザーにはいろんな手当があるから大丈夫

シングルマザーになると決意しても、1歩踏み出せないのは経済的理由が多いです。

私もシングルマザーになると決意しても今一歩踏み出せなかった理由の一つでしたが、調べたらいろいろな手当があることを知り、勇気ずけられました。

私的にいろいろな手当・制度がある中で、

この手当・制度が生活で1番助かってるなっと感じているのは、

児童扶養手当(母子手当)と国民年金の免除です。

 

児童扶養手当は、シングルになった親の所得や養育費の有無で貰える金額が変わってきますが、いくら実家暮らしと言えども2歳の子供を抱えながらフルパートは無理なので給料にも限界があります。

児童扶養手当があることで、少し生活も楽になりますし、私の気持ちも少し楽になってます。

 

私の場合、申請した時は前年度の所得が基準より低かったので全額支給されました。

毎年8月に現況届・更新の手続きをしないと貰えなくなるので更新をしに行った時に、今年は去年の所得が基準より少し多かったので一部支給…

その場では確定した金額は分からず大体の金額は教えてもらいましたが、11月に確定通知がくるのでそれまでいくら支給されるかドキドキです。

 

次に助かってる制度は、個人年金の免除です。

離婚するまでは会社勤めで旦那の扶養にも入っていなかったので、厚生年金を払い続けていました。

会社を辞めて、国民年金に切り替わっていざ金額を調べてみると、月に約16,000円弱かかるじゃないか…

月に16,000円はパートになった今、大きな負担だなと思っていたら知人に「年金の免除申請してみたら?」と勧められ、すぐに市役所に問い合わせて申請したら全額免除になりました!

最初申請した時は、全額免除出来ないかなっと諦めてましたがダメ元で申請して本当に良かったです。

 

ただ、国民年金の免除にも毎年7月頃更新の届けが郵送され、期日までに手続きをしないといけません。

国民年金の免除も、前年度の所得が関わってくるので場合によっては1部負担になるようです。

私も更新の手続きに行き、前年度の所得が基準より低かったので今回も全額免除してもらえたのでホッとしました。

 

上の2点の他にも、児童手当があったり、子供の医療費助成制度があるので病院代や薬代などが無料なのは子育て世代には嬉しい手当や制度だなと思います。

私の場合、児童手当は手をつけず貯金をしています。

子供の将来や、進学。子供が習い事したいと言ってきた時に、金銭的に無理だからって理由で習わせてあげられない環境にさせないためです。

日々の生活も厳しいとは思いますが、子どもの将来のために児童手当はなるべく手をつけず残しておいてあげましょう!

 

あとは私は申請していないですが、国民健康保険料の免除住宅手当、親の医療費の負担が減る医療費助成制度(ひとり親家庭)などがあります。

私の場合は、以前務めていた会社で辞める際に任意保険にしてもらったので国民健康保険料は払ってます。

 

でも、任意保険は最長2年で切れてその後は国民健康保険に切り替わるそうなので、その時は国民健康保険料の免除申請してみようと思っています。

 

医療費助成制度(ひとり親家庭)は、シングルになって初めての申請の時に、前年度の所得が少なかったので対象になりました。

更新した際は、所得が少し多かったので対象外になってしまったのですが、来年申請をダメ元でまたしてみようと思ってます。

いろいろな手当・制度を利用する際の注意点

いろいろな手当・制度があるので、申請しないと勿体無いです。

ですが、児童扶養手当(母子手当)国民健康保険料の免除申請など自動で支給開始されたり免除されたり、地方自治体から案内があるわけではありません。

自分で調べ、自分から申請に行かなければ支給・免除されないです

あと、児童手当や児童扶養手当は支給月が決まってるので最悪の場合最長4ヶ月も待たなければいけないし、準備のいる書類もあるので申請する場合は注意が必要です。

 

それと、手当や制度は1度申請したら終わりって言うわけではありません。


毎年現況届・更新の用紙が市役所などから届くので手続きをしないといけないんです。


これらを忘れてしまうと次の支給分から無くなってしまいます。

なので気になる方は、早めに問い合わせをして早めに申請・手続きをすることをおすすめします!

父親が居なくても子供は育つ

まず、必ず両親そろっているから子供は幸せなのか?

私が思うに、DVなど除いてですが両親揃っていても夫婦仲が悪い環境にいて子供は幸せだと思いません。

私の両親も夫婦仲が言い訳でもなく、父はアル中・ニコチン中毒で病気持ちで入退院を繰り返し、体調が良くても仕事せずお酒をずっと飲んでました。(実家は自営してました。)

 

母は、ずっと仕事しながら自分の親の介護もしながら父の看病などもしていました。

ほぼ母子家庭に近い環境で育ち私が中学生の時に父が他界したのでそこから母1人で私達姉妹(3人)と自分の親の介護をずっとしてきていたのを見ていた私は母を尊敬してます。

 

そして、私達家族の中で父親的存在だったのが年の離れた姉で、そこも影響が大きかったです。

片親でグレる人もいれば、親に迷惑をかけないようにしようと努力する人もいます。

子供はきちんと親を見ています。頑張っている姿を見せていれば例え片親でもきちんと育ちます。

でも、決して忘れたらいけないのが「愛情」です。

母は、生活のために仕事を頑張り、子供のために子育てに奮闘する。

もちろん休息は必要ですが、子供に愛情を与えなければきちんと育ってくれません。

 

私の場合は、必ず5回以上子供とのハグしたり、ジャレあってたくさん笑います。
そういった習慣が私の活力にもなり、癒しにもなります。

躾もきちんとしなければいけませんが、叱る(怒鳴る)ことが躾とはいいません。

 

私も、子供にとって母ですが時には父にもならないといけないので、時には怒鳴ってしまうこともあります。

もちろん、後から怒りすぎたなと自己嫌悪に陥ってしまいますが、やはりそこで頼りになるのは親やママ友です。

ママ友と普段何気なく子供のことを話していても、子供の成長の為に違うなと感じたら指摘してくれます。

 

親とは同居しているので子供と私を見てよく指摘やアドバイスをくれます。

そこで初めて気づくこともあるので、自分の育児の見直しにもなりました。

 

母親も1人の人間です。


子育てに正解不正解ありませんが、指摘されたところは見直して改善すればいいと思います。


試行錯誤して模索して納得のいく子育てをしていけばいいと私は思います。

まとめ

  • ひとり親家庭にはいろいろな手当がある。
  • 子供は親の背中を見て育つので、片親だから普通の子に育たないとは限らない。
  • 片親だからこそ、愛情を2倍あげよう。

シングルマザーになるのは、いろいろ苦労もします。

ですが、国や地方自治体はいろいろな手当を設けてますが、子供は何より親の愛情を欲しています。

子供はいずれ親離れしていきます。

子供の笑顔は宝です!

たくさんの愛情を与え、今しか味わえない時間を大切にしていきましょう。