こんにちは!かれんです!!

今回は、「フルタイムで働くシングルマザーの1日のスケジュールと気をつけるポイント」についてご紹介します。

  • 周りにシングルマザーがいなくて相談できない。
  • フルタイムで働く他のママたちはどう過ごしているのか気になる。
  • 仕事と家事で精一杯で子どもとの時間がうまくとれない。

あまり聞く機会のないシングルマザー事情。上記3つだけでも一つは思い当たる節がありませんか?

私自身もシングルマザーで、祖母もシングルマザーだったためよく話を聞かせてもらっています。そこで今回は私の一日を紹介させていただきます!

フルタイムで働くシングルマザーの1日のスケジュール

フルタイム勤務のシングルマザーはとにかく時間に余裕はないです。

6:30 起床
朝食準備
6:45 子ども起床
朝食
7:30 子ども送り出し
朝食片付け
身支度
8:00 出勤

起床後1時間はとにかくロスタイムの無いように動きます。ゴミの収集日は5分余裕を持って出勤!

9:00-17:00 勤務

18:30 帰宅
夕食準備
19:15 夕食
片付け
20:30 入浴(洗濯機回す)
21:30 子ども就寝
洗濯干し、翌日準備等
24:00 就寝

周りの残業ムードに気が付かないフリをして学童へお迎え。

帰宅後は、宿題や翌日準備を促しながら夕飯作り。疲れと空腹で子どもも不機嫌なため、最もハードな時間でもあります…。

夕飯、入浴を済ませるとようやくちょっとしたリラックスタイム。子どもと一緒に本を読んだり、いろんな話をしながら寝かしつけます。

子どもが寝た後、入浴中に回しておいた洗濯物を干し、翌日の朝食とお弁当の下ごしらえ。その日の気分で自分タイムを取ったり早々に寝てしまう日もあります!

スポンサーリンク

子供との時間の取り方

ちょっとしたことも子どもとのスキンシップにしています。

食事の準備や洗濯など、生活する上で必須な事ばかりにとらわれてしまうと、子どものことが放ったらかしになりがちです。

声掛けは絶対、手を繋いだり抱きしめたり、触れるスキンシップを意識的にするようにしています。

でもスキンシップだけの時間をとるのは難しいのが現実。そこで、我が家で毎日行っているのは…

  • 起床時はくすぐって起こす!
    →くすぐられたくて寝たふりしてたり、私をくすぐり返してきたり機嫌良くスタート出来ることが増えました!
  • 送り出しは行ってらっしゃいのハグorハイタッチ
    →小学校になるとおともだちの目も気になるようで…だけど玄関でこっそりする挨拶は「ママとの秘密だもんね」と言うとニヤリとして応じてくれます。
  • お迎え後の帰路は手を繋ぐ
    →電信柱などでは「きゃ〜離れちゃう〜」等と遊びながら帰ります。
  • おやすみのハグ
    →一日の終わりの時間はくすぐったり抱っこしたり甘えんぼタイムになることもあります。

この他にも余裕がある時は、食事の準備を手伝ってもらったり、入浴時間をゆったりとったり。自分はもちろん子どもにとっても無理のないように心がけます。

家事の時間の取り方、時短のコツ

我が家では加工食品、お料理セットをフル活用しています。

生活の中で絶対に避けられず、手間がかかるのが食事の準備。

なるべく包丁とまな板を使わず、短時間で準備できるように努めています。

 

カット野菜や揚げるだけ、温めるだけの下処理済食品を使えば、ご飯を早炊している間に3-4品作る事もできます。

もちろん、事前に献立を決め、脳内シュミレーションは欠かせません。

 

とは言ってもお子さんが小さければ夕食の準備時間は空腹でぐずぐずされてしまいますよね。

わがはおやつ代わりにおにぎりやトーストなどをあげちゃいます。

夕飯前におやつ…と抵抗がありましたが、お菓子じゃなくて夕飯の前菜として食べさせる!オススメですよ〜!!

スポンサーリンク

まとめ

シングルマザーのスケジュール、ポイントをまとめると…..

  1. どうしても削れない家事育児がほとんどであること。
  2. 子どもにたくさん触れるよう意識を持つこと。
  3. 上手に手を抜くこと!!

掃除や片付けは多少後回しになっても良いんです。

優先事項は人それぞれでいいので、自分の大切にしたいこと、譲れないことを決めてそれを叶えるためにどう動いていくか考えてみましょう。

スポンサーリンク