こんにちは、有希子です。

今回のテーマは

離婚の際、子供の姓を変えるべき?変えるメリット、デメリットです。

子供がいる家庭でいざ離婚した時に子供の姓を変えるべきか変えないべきか悩む人も多いと思います。

  • 元旦那の姓を名乗りたくない
  • 姓が変わることで子供への影響はどうなのか

と考えると思います。

そこで、私が思う

離婚の際に知っておかないといけない事、姓変更のメリット・デメリット、タイミング

について紹介します!

離婚の際に知っておかないといけない事

まず、離婚の際知っておかないといけない事は、

「手続きを取らなければ、母親は旧姓に戻り、子供は元旦那姓のまま」

と言うことです。

離婚の際に離婚届には、婚姻の際姓が変わった方に旧姓に戻るのか戻らないのかという選択ができます。

大体の人はこの時旧姓に戻すと思うので、離婚届を出したら戸籍上すぐに変わります。

 

ですが、親権者が旧姓に戻ったからといって子供の姓も一緒には変わりません。

子供は戸籍の問題で離婚する前の戸籍に残り、姓もそのままなので、親権者の姓にする場合は家庭裁判所で「氏の変更」の届けが必要です。


変更が終わり次第、市役所で親権者の戸籍に再度入れ直す必要があります。

 

なので、家庭裁判所に市役所に行ったり来たりでめんどくさい・大変という理由で、婚姻時の姓を名乗る人も少なくないです。

離婚後も婚姻時の姓のままにする場合は、「離婚の際に称していた氏を称する届け」が必要です。

この届けでは離婚から3ヶ月以内に提出しないといけません。

 

期限が過ぎた後でも家庭裁判所に「氏の変更の申立て」をすれば出来なくはないですが…。

却下される可能性もあるので旧姓に戻さない場合3ヶ月以内に手続きしといた方が確実です。

 

私の場合、調停離婚なので家庭裁判所に何回か行っている時にいろいろ聞いて手続きをしました。

なのでスムーズに子供の姓の変更手続きすることが出来ました。

元旦那の姓のままいたくなかったですしね。

子供の姓の変更も家庭裁判所に提出して1週間以内に出来ました!

でも私の戸籍に入れ直す時は手続きの関係上約1ヶ月ほどかかりました。

子供の姓を変更するメリット

メリットとしては、

新しい気持ちで人生を共に再スタートすることが出来ます。

私の場合は離婚した時、子供が1歳で保育園にも通わせていました。

子供はまだ言葉を喋らず、通わせていた保育園も子供の下の名前を呼ばれていたのでそこまで不便なかったです。

離婚後は、実家に戻ったので保育園も変わり母子共に再スタートを切ることができました。

子供の姓を変更するデメリット

デメリットは、

•子供が理解できる歳であれば、姓が変わることで心が不安定になる。

•婚姻時から学資保険に加入していたら、変更が出来ず解約・入り直すしかない。

です。

子供が物心ついている年頃であれば、学校でお友達がなぜ苗字が変わったのかと疑問に思い、正直に聞いてくると思います。

子供は大人以上にナイーブです。

自分の子は自分が理解していない、分からないからどう答えたらいいか分からず、ストレスを抱えてしまいます。

私の知り合いに聞いた話ですが、離婚した時に子供が4歳で同じ保育園に通わせ続けるために姓を変更しなかったと言っていました。

私も子供が3歳以上であれば、子供のストレスを考えて姓を変えなかったかもしれません。

子供の姓を変更するタイミング

ここが子供のことを考えると1番難しい問題です。

私が思うに、

  • 子供がまだ小さい
  • 今住んでいるところから引っ越して新たなスタートをきる
  • 子供が通っているところを変える

のであれば離婚と同時に変えてしまった方が時間も手間もかかりません。

逆に同じ場所で再スタートを切る時には、進学を1つの目安として姓を変えるのが良いタイミングだと感じました。

まとめ

  • 子供のことを考えて姓変更するか考える
  • 姓変更するのであれば早めにしておくの方が手間も時間もさほどかからない
  • 婚姻時からの姓のままにするなら離婚から3ヶ月以内に手続きをする

離婚する事で子供に1番辛い思いをさせてしまいます。

子供のことを考えて姓変更するかしないかしっかり考えてやり、その後は心のサポートをしてあげましょう。